TELTEL

バスケットボールの試合後腰を痛めました | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > バスケットボールの試合後腰を痛めました

バスケットボールの試合後腰を痛めました

2019.01.29 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

札幌市中央区桑園でギックリ腰や腰痛でお悩みの方はギックリ腰施術経験が豊富で腰の知識がある
《そうえん北七条通り整骨院》にお任せください。

今回 来院された方  17歳 男性

バスケットボールの試合後から腰が痛くなってきてボールを屈んで拾ったりするのが辛く
特に学校での授業中座りっぱなしでいるのが辛いという方がいらっしゃいました。

当整骨院でお話と徒手的検査を行ったところ
椎間板という骨と骨の間にある軟骨の箇所を痛められておられました。

椎間板を痛めていると前に屈んだり、座りっぱなしでいると痛みが出やすいです。
また痛みは指で指せないことが多いです。

バスケットボールの試合で転倒などの一回の外力ではなく、スポーツ特有の反復性の外力の繰り返しで痛みがでた可能性が高いです。

この方が腰を痛めてしまった根本的な原因は骨盤後傾・腰椎後湾という骨盤の歪みがありました。

当整骨院では
まず筋膜リリースの施術を使い骨盤の歪みを解消していきながら超音波治療器を20%の熱量《急性期に温熱を与えると過剰炎症反応により痛みが増すこと貼るため》ハイボルテージの機械を急性期モードで患部にかけました。
施術後は前屈みでの腰の痛みが引きました。

2回目の施術は超音波治療器を50%の熱量まで上げてハイボルテージを慢性期モードに変更し痛めている組織を治すように患部にかけていきました。

3回目以降からは腰の痛みも8割ほど改善していきましたので10回位を目安に骨盤の歪みを治す
筋膜リリースの施術をメインに行っています。

今回来院された方からは根本の原因が分かったのと整骨院で治せるという事なのでよかったとおっしゃっています。

当整骨院はぎっくり腰や腰痛の施術に自信をもっております。
その様な症状でお困りの際はぎっくり腰の件数が豊富なそうえん北七条通り整骨院にお任せください。

受付時間は
平日は 9時~13時、15時~20時
交通事故の方は21時まで
土日祝日 9時~15時まで
お昼休みなし
で営業しております。

駐車場は整骨院の裏に17番・18番に2台、第2駐車場に3台分ございますのでご利用ください。