TELTEL

腰部椎間関節性腰痛について | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > 腰部椎間関節性腰痛について

腰部椎間関節性腰痛について

2018.11.13 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

ぎっくり腰・腰痛には様々な種類があります。その一つに椎間関節性腰痛があります。

腰の骨は5個あり上の骨と下の骨で関節を作っています。それが腰椎椎間関節です。

この関節は腰を後ろに反らした時なのにぶつかったり、左右に体を捻るとこすれたりします。

その衝撃が大きいとぎっくり腰の症状となり痛みがでてきます。ぎっくり腰では多いタイプになります。

椎間関節性腰痛になった方は腰を反らすことができず、前屈みの状態で歩いていたりします。

椎間関節性腰痛の場合は程度にもよりますが、痛みは早く引きやすい腰痛の部類にはいります。

炎症している椎間関節部を特定して過剰な炎症反応が起こっている原因を取り除いていきます。

また軟部組織(骨以外の柔らかい組織)を元の状態に戻す為に、超音波機器を使用して痛めている筋肉にアプローチしていきます。椎間関節は骨が痛んでいるわけではなく関節が痛んでいるので効果的です。

同時にスポーツチームなどにも導入されているハイボルテージ機器を急性期モードで使用し、神経に高電圧を与え痛みを流していきます。また痛みを引き起こしているプロスタグランジンなどの炎症反応物質を流してくれます。

痛めたのは一瞬の動作ですが歪んでいる姿勢で生活していることにより痛みやすい・筋肉が疲労した状態になっていますので痛みを取り除くだけではなく歪みも矯正する必要があります。

特に反り腰の方は常に腰椎の椎間関節部間が狭くなっており痛みやすいと推測できます。

当整骨院ではギックリ腰が起こる元である「骨盤の歪み」を筋膜リリースの施術を使って元の状態に戻していきます。