TELTEL

交通事故にあってしまった時の手続き手順。分からないときはそうえん北七条通り整骨院までご連絡を。 | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故の施術 > 交通事故にあってしまった時の手続き手順。分からないときはそうえん北七条通り整骨院までご連絡を。

交通事故にあってしまった時の手続き手順。分からないときはそうえん北七条通り整骨院までご連絡を。

2018.11.13 | Category: 交通事故の施術

もし交通事故にあってしまったら、どうしてよいのか分からないと思います。そんな時はこのブログを思い出して確認して頂ければと思います。

①まずは加害者の名前・住所・電話番号・勤務先などを確認しましょう。

当整骨院をご利用の方にも加害者の方と連絡が取れずに大変な思いと手間をかけられた方がいらっしゃいます。また加害者は嘘の名前や電話番号をいっている場合がありますので注意が必要です。名刺などもしっかり確認しておくことが非常に大事です。

②警察への連絡は忘れずにしましょう。

警察へ連絡をしないと事故の手続きに必要な書類が作成されませんので後々大変です。最近は物損事故でも人身事故と同じような補償が受けられます。と警察や保険会社に説明されます。しかし、ケガがあると交通事故の場合は人身事故の手続きをとった方がよろしいかと思います。実況見分調書が作成されず困ることがあります。

交通事故に詳しい弁護士に相談するとケガがあれば人身事故が当たり前です。と言われます。

③事故の状況を加害者被害者で確認しておくことが大切です。

加害者は後々「こちらは悪くなかった」など証言を訂正することがあります。その時にも困らないように警察にしっかりと加害者・被害者同じ説明をしているかを確認しておくことが大切です。

これはよくあることですので、しっかり確認しておきましょう。

④目撃者の確認も大切です

目撃者がいる場合はその方の氏名・電話番号を確認しておきましょう。加害者は交通事故直後は過失を認めていても後々証言をひっくり返す可能性があります。

⑤加害者が加入している自賠責保険・任意保険をしっかり確認いたしましょう。

自賠責保険は必ず加入しなければいけない強制保険になります。任意保険はドライバーが任意で加入している保険になります。交通事故の場合は基本的に加害者の任意保険会社が窓口となりますのでしっかりと確認しておきましょう。

⑥ご自身の加入している任意保険会社への連絡も必要です。

ご自身でも人身傷害特約や搭乗者保険・弁護士費用特約など交通事故の時に使用できる保険に入っているかを確認しましょう。過失がなくても今後の対応がどうしたらいいかわからない場合に教えてくれたりします。

⑦交通事故発生からどんなに遅くても10日以内に整形外科や整骨院に行く必要があります。

事故発生から日数が経過しすぎると交通事故によるケガの痛みなのかが判断つかなくなります。早めに行く必要があります。

14日後に病院に行きたいと保険会社に連絡して断られたケースは多々ありますので、注意が必要です。