TELTEL

腰椎椎間板症について詳しく書いてみます。 | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > 腰椎椎間板症について詳しく書いてみます。

腰椎椎間板症について詳しく書いてみます。

2018.11.14 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

ぎっくり腰や腰痛には様々な種類がありますが、腰椎椎間板症はその中の1つとなります。

椎間板とは骨と骨の間にある軟骨で衝撃を吸収するクッションのような大事な役割をもっています。。

しかし、年齢とともに徐々に軟骨がすり減ってくることにより骨と骨の間隔が狭まり骨どうしが当たりやすくなったり、椎間板そのものに傷が付き体の中で過剰炎症反応が起こり発痛物質(プロスタグランジン、ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン等)が発生し痛みを感じます。

また、腰を曲げる屈む動作や体を捻る動作をすることにより椎間板が圧迫されストレスを受けることにより椎間板に傷がつき痛みを起こす原因となります。

ぎっくり腰で仙腸関節や起立筋等の筋肉・関節系の痛みでは痛みの箇所を指でピンポイントに示せる事が特徴ですが、椎間板は体の深いところなので痛みの箇所をピンポイントで示せないことが多く腰全体など広い範囲で痛みを訴えることが特徴となります。

椎間板の痛みが出やすい方の特徴としては仕事でデスクワークや車の運転で座っていることが多い方、荷物を持ち上げることが多い方、骨盤後傾(丸腰)になっている方は椎間板が圧迫を受けストレスを受けやすくなりますので、痛みが出やすくなります。

椎間板の痛みは、筋肉・関節系に比べ痛みが引きにくい腰痛の部類となるので当院では10回程が治療の目安となり体の深くまで届く、鍼(はり)や超音波・ハイボルト(骨以外の軟部組織)をかけることが効果的となります。

すり減った軟骨は戻ることはありませんので、当院で行っている姿勢矯正(筋膜リリース)の施術で骨・関節・筋肉を正しい位置に戻してあげることにより椎間板が圧迫を受けている状態を改善できるので腰痛の予防にも繋がります。

下の物を拾う時、荷物を持ち上げる時など腰から曲げてしまう方も多いと思いますが、その動きだと椎間板に負担がかかってしまうので股関節から曲げられるようにする習慣も大切となり、当院ではその運動指導もしっかりとさせていただきます。