TELTEL

お尻の痛みについて梨状筋症候群の可能性があります。 | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > お尻の痛みについて梨状筋症候群の可能性があります。

お尻の痛みについて梨状筋症候群の可能性があります。

2018.11.15 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

お尻に痛みがある時は梨状筋症候群の可能性があります。梨状筋症候群の痛みの特徴は歩いている時や長時間座っている時等に痛みが出てくることが多く、梨状筋をという筋肉を押すとはっきり痛みが出てきます。さらにこの梨状筋の下には穴が開いており、そこから坐骨神経という神経が通ります。筋肉が凝り固まり上手く伸び縮みできない状況でこの神経が圧迫されることにより、太ももの裏などに重だるさや痺z8しび)れが出てくることがあります。

腰部のヘルニアと似た症状を呈することがありますので、腰痛の専門家である整骨院などに鑑別する必要があります。

この梨状筋を痛める方の特徴としては長時間座っている方が先ず挙げられます。

その理由としては座っている時には梨状筋が伸ばされた状態のままお尻に圧迫が加わり筋肉に対して負荷が掛かってくる為に痛みが出てきます。

またその他の原因としてニーインの様な膝が内側に入っている方と偏平足がある方等は脚の骨である大腿骨が内側に向いてしまい結果的に梨状筋の付着部である部分が開いてしまう事で常に伸ばされ負荷が掛かってきてしまいます。

マラソンや歩く機会が多い方でも同様に大腿骨が内側に入る事が多いので筋肉が伸ばされている状態が続き痛める原因となってきます。

当整骨院の施術内容としては筋肉の痛みになりますので比較的引きやすい部類に入り、当院では3回から4回程が痛みが引く目安となります。

超音波機器とハイボルテージ機器により筋肉の痛みや血流を良くしてあげる他にお尻という脂肪が多く付いている部分には深いところの筋肉までしっかり届く鍼(はり)が効果的です。

そして姿勢矯正(筋膜リリース)を行うことにより筋肉・関節・骨や骨盤を正しい位置に戻して梨状筋に掛かる負荷を減らし今後痛みが出る頻度を減らしていきます。

日常生活やお仕事で深い椅子や車のシートに座っている時、股関節の曲がる角度が増していき梨状筋に負担が掛かっていく為硬めの椅子に座り骨盤を前に倒すような姿勢が望ましいです。また、お尻に圧迫が掛かってしまう「座る」という時間自体を減らすのも大切になってきます。