TELTEL

猫背矯正にストレッチポールは有効か? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 姿勢矯正・猫背矯正 > 猫背矯正にストレッチポールは有効か?

猫背矯正にストレッチポールは有効か?

2018.11.22 | Category: 姿勢矯正・猫背矯正

猫背・巻き肩、猫背が原因での肩こりなどでお困りの方は解剖学的な理論に基づいた猫背矯正を行っている当整骨院・整体院にお任せください。

皆様はストレッチポールをご存知でしょうか?最近は有名になってきました。スポーツジムに行っても置いてあったり使用しているところが多いように感じます。

ストレッチポールだけでは歪んだ関節を矯正するは不可能ですが、当院での筋膜リリースと同時に行うと非常に効果的です。また肩こりの方がストレッチポールを行うこともかなり効果的です。

猫背だとどうなるのかみてみると

上半身の前側(胸の前やお腹)の筋肉が縮こまり硬くなっているので体の後ろ側の筋肉が凝ってきます。

上半身の前側の筋肉が固いせいで肩甲骨を体の前面に引っ張るので肩甲骨が外側に移動しており肩甲骨周囲の筋肉が凝り固まります。

上半身の体の前側の筋肉が縮こまっているので背骨を前側に引っ張り背骨が丸くなってしまいます。その結果、体の後ろ側の筋肉が凝ってしまいます。

上記の対応がストレッチポールのベーシック7と呼ばれている運動で簡単に全てひとりで効果的に行うことができます。※しかし姿勢の悪い原因・筋肉が縮こまっている原因にアプローチしているわけではなく、ストレッチになります。

ベーシックセブンとは

1つ目はストレッチポールの上に仰向きに寝て手を動かす 床みがき運動

2つ目はストレッチポールの上に寝たまま前になら絵のように手を天井に向ける 肩甲骨運動。肩甲骨を十分に動かすのがポイントです。

3つ目はストレッチポールの上に寝たまま両腕を体から離していく腕の外転運動です。肘が床から浮かないようにするのがポイントです。

4つ目はストレッチポールの上に乗り両足を伸ばしてつま先を外側内側に捻じる ワイパー運動です。踵を支点にしてつま先を左右に振るようにします。

5つ目は膝ゆるめ運動です。ストレッチポールに乗ったまま両膝を伸ばします。踵を床につけたまま膝を軽く曲げて外側に開くようにして脱力します。

6つ目はストレッチポールに乗って膝を曲げた基本姿勢でポールを背骨で転がすように左右にゆらゆらと移動します。全身が柔らかく動いている感じにします。

7つ目は呼吸運動です。ストレッチポール上の基本姿勢から自然な呼吸を繰り返します。

このストレッチポールのベーシックセブンで猫背を引き起こしている体の前面の筋肉がゆるまりますので、負担のかかっていた体の後面の筋肉が開放されます。

結論からいいますと、肩こりや猫背にはストレッチポール運動は効果的だと思います。