TELTEL

これからの季節ギックリ腰にご注意ください | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > これからの季節ギックリ腰にご注意ください

これからの季節ギックリ腰にご注意ください

2018.11.24 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

ギックリ腰(急性腰痛)はなんの前触れもなく痛みとして出てきます。
例えばくしゃみをしただけでも立ち上がれなくなる方、朝起き上がろうとした時に痛める方と原因は様々あります。
痛みが強いうちは身体の中で過剰炎症反応が起こっているため、適切な処置をせずに間違った処置をしてしまうと悪化してしまう可能性があります。

意外と多いのがギックリ腰になった時に温めた方がよいかと思い、お風呂など長く入って温めてしまい次の日に痛みが悪化してしまい来院される方が多く見られます。
痛めた直後は氷のうなどでアイシングをするなど適切な処置をするとギックリ腰の早期回復にも繋がります。
しかしアイシングをする際に、患部を冷やしすぎると凍傷になってしまうのでご注意ください。
1回のアイシングでは10分くらいが理想的です。

ギックリ腰には様々な原因がありますが、これからの季節に非常に増えてくるのが、自宅の玄関の除雪、駐車場の除雪です。北海道に住んでいると除雪をしなくてはいけない方も数多くいるかと思います。
皆さんも除雪で腰を痛められた経験はあるでしょうか?
当院でもこの季節にになると毎年除雪でギックリ腰になられた方が増えてきます。
除雪でギックリ腰にならないためにも十分気を付けましょう。

注意点としては雪を持ち上げる際には腰に負担がかからないように雪の量少なくしたり、雪を投げる際に身体を無理やり捻らずゆっくりと捻っていくことが望ましいです(腰の骨は1つ1度程しか回らないため。)寒いと筋肉も硬くなり急な動きでの痛みの原因となります。厚着をするなど防寒対策もしっかりしていきましょう。

このようなことに気を付けながらギックリ腰になりやすいこれからの季節を乗り切っていきましょう。

もしギックリ腰になってしまった時は適切な処置が早期回復に繋がりますので当院にご相談ください。