TELTEL

交通事故に遭った時に物損事故でも施術は受けれるのか? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故の施術 > 交通事故に遭った時に物損事故でも施術は受けれるのか?

交通事故に遭った時に物損事故でも施術は受けれるのか?

2018.11.26 | Category: 交通事故の施術

札幌で交通事故による対応・施術をご希望の方は札幌市中央区桑園のそうえん北七条通り整骨院までご連絡ください。

基本的に交通事故の被害者になりケガをして整形外科や整骨院で施術を受ける場合には整形外科から診断書をもらい警察に届けて人身事故にしてもらいます。その際に、警察や加害者側の保険会社から物損事故でも人身事故と同じように施術費や慰謝料の保証が受けれますよ!と説明を受けることがあります。

当整骨院がお世話になっている交通事故に詳しい弁護士の見解によりますと、交通事故によってケガが発生したのであれば人身事故、ケガをした人がいない場合は物損事故が大原則であるとおっしゃっています。

当整骨院でも物損事故のまま施術を続けていったことは多数あります。その際に物損事故だからといった理由で被害者の方が不利益をうけたことはありませんでした。被害者でも心の優しい方は人身事故にすると加害者の方が点数や罰金などで苦労されて可哀そうだから物損事故でも大丈夫とおっしゃる方がいます。それはそれで全く問題がありません。

しかし、下記の様な場合は人身事故にしておかないと後々苦労することがあります。

ケガの程度が酷くて施術期間が長期になるとき。これは保険会社の方に物損事故なのに施術期間が長すぎると矯正打ち切りになる可能性があります。ケガの程度が酷い時はこういったことがないように人身事故にしておかれた方がよいと思います。

後遺が残り後遺障害を請求する場合。この場合も物損事故と人身事故では対応が異なってきますので人身事故にしておかなければならないようです。

休業補償など請求するとき。この場合も特に個人事業主や会社の社長などの場合は色々と保険会社と意見が食い違う場合があります。すると人身事故にしておかないと必要な書類などが作成されておらず被害者の方の主張が通らないことがあります。ですので人身事故にしておかなければならないと思います。

札幌で交通事故に遭って整骨院での施術を望まれている方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。