TELTEL

交通事故で仕事を休んだら休業補償がもらえるのか? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故の施術 > 交通事故で仕事を休んだら休業補償がもらえるのか?

交通事故で仕事を休んだら休業補償がもらえるのか?

2018.11.26 | Category: 交通事故の施術

札幌市・札幌市中央区で交通事故でお困りの方、休業補償についてよくわからない方は当整骨院までお問い合わせください。

交通事故でケガが酷く仕事を休んだ場合は休業補償がもらえます。源泉徴収票をもとに平均の給与を計算して支払われることが一般的です。一日全て休まなくても病院に行くので半休をとった場合でも保障の対象となります。しかしなんでもかんでも休んでいいわけではありません。病院の先生に休み必要があると判断されたり保険会社の担当者に休む必要があると理解を得られなければ意見の不一致で裁判で争うこともあるそうです。

ご自身で会社を経営されていたりと個人事業主の方は休業補償を必ずもらえるわけではなさそうです。基本的には仕事を休めば当然休んだ分が保証されます。しかし、普通の会社勤めの方よりも労働の実態が個人事業主の場合はわかりにくいのです。詳しい計算方法は割愛しますが確定申告書・源泉徴収などの書類をすべて揃えて仕事ができなくて収入が減った金額をしっかりと確定させないといけません。また役員報酬は仕事をしなくても年間で収入が固定されていますのでここでも保険会社の担当者の方と意見が食い違う場合があります。個人事業主と会社役員(大きな会社の役員でなくて自分の会社)は休業補償に関しては保険会社担当者の方との話し合いになることがおおいです。

アルバイトでの休業補償も支払われます。この場合、勤務年数が長い方はさほど問題ないのですが、勤務して数日間などの場合は本当にその収入があるかわかりませんし、すぐに退職する可能性もありますので保険会社の担当者もすぐに支払いに応じるわけではありません。こちらもお互いの主張が違ってくることがあると話し合いになってきます。

交通事故でケガをしてしまって仕事を休まなくてはいけない。そして誰が見ても仕事を休む必要があると判断できる場合はしっかりと休業補償を受け取れますのでさほど心配はいりません。

休業補償に関してはご自身で悩んだり判断したりせずに交通事故に詳しい弁護士に意見を聞いた方がいい場合がおおいです。当整骨院でご紹介いたしますのでお問い合わせください。