TELTEL

ギックリ腰になったら保険証を使って施術を受けれるのか? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > ギックリ腰になったら保険証を使って施術を受けれるのか?

ギックリ腰になったら保険証を使って施術を受けれるのか?

2018.11.26 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

札幌市・札幌市中央区桑園でギックリ腰になったらそうえん北七条通り整骨院にご相談ください。

当整骨院では厚生労働大臣認可の国家資格である柔道整復師免許をもった人間が在籍して施術しておりますのでぎっくり腰の際は保険証を使用して施術を受けることが可能となっています。

保険証を使用して整骨院で施術を受けれる場合は下記の通りとなります。

①痛めた・悪化した原因が明確にあること。

原因が不明でじわじわと腰に痛みがでてきた場合は保険証を使って施術を受けることはできません。そもそも原因がないと内科的な要因が疑われますので違う病院に行く必要があるかもしれません。ですので、お子さんを抱き上げた時にギックリ腰になった、引っ越し作業中でダンボールを持ち上げた時にギックリ腰になったなど原因があると保険証を使用して整骨院で施術を受けることが可能です。

②痛めた・悪化した原因が私的な理由によること。

これは、お仕事中や通勤途中にギックリ腰になると労災扱いとなりますので保険証を使用して整骨院で施術を受けることはできません。交通事故に遭った際も、基本的には加害者に請求することになりますので保険証を使用して整骨院で施術を受けることはできません。

③痛めた悪化したのが最近であること。

整骨院で保険証を使用して施術を受けるには急性期のケガと法律で決められています。急性期とはいつなのか?という問題があります。これは保険者(国民健康保険、協会けんぽ、組合など)によって期間や対応が少し違うのでなんとも言えませんが、痛めてから1ヵ月以内には整骨院を行っておかないと駄目な場合が多いです。保険請求に厳しい組合でしたら2週間以内でないと認めない場合があります。ご自身の加入されている組合に確認したほうが確実です。

慢性疾患には柔道整復師が整骨院で保険証を使用して保険請求することは認められていませんので、その際は保険証を使用せず自費扱いとなります。