TELTEL

ギックリ腰になって夜眠れません。どういう姿勢がよいですか? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > ギックリ腰になって夜眠れません。どういう姿勢がよいですか?

ギックリ腰になって夜眠れません。どういう姿勢がよいですか?

2018.11.29 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

札幌・札幌中央区周囲でぎっくり腰になったらギックリ腰の施術経験が豊富で一生懸命勉強している当整骨院にお問い合わせください。

皆様からぎっくり腰になったんだけどどんな姿勢でいたらいいの?と質問を受けることがあります。まず、ギックリ腰とは急に痛めた急性腰痛症のことで痛めた個所や痛めた程度の大きさを表している言葉ではないということが大事になります。楽な姿勢というのはどこを痛めているかによって大きく変わってきますのでギックリ腰だからこの姿勢が楽ということはありません。

例えば腸腰筋を痛めているぎっくり腰の場合は腰を反らしたりするのが痛く前傾姿勢が楽です。つまり上向きで足を伸ばした状態で寝たり、うつ伏せで寝ると痛みが増してきます。この場合は左右のどちらかに痛みがよっていれば痛い方を上にして横向きで丸まって寝ていると楽な場合が多いです。

腰の骨と骨の間の椎間板由来のギックリ腰だったりその延長線上の椎間板ヘルニアの可能性があると腰の骨が丸まっている状態で痛みが増してきます。深く柔らかいソファーや車のシートなどがそれにあたります。ですので立っている姿勢が意外と楽だったりもします。

この様にどこを痛めているのかにより楽な姿勢が違ってきますのでご自身で痛くない動作を探してその姿勢で安静にしているのがよいかと思います。もし、全部の姿勢で痛い、楽な姿勢が一切ないとなると「かなりひどい急性腰痛」か筋肉関節系でない「内科的な腰周囲の痛み、例えば肝臓や婦人科系など様々ですが」の可能性がありますので至急お近くの病院や当院にご相談にいらしてください。