TELTEL

過去にギックリ腰をしたことがあります。ぎっくり腰は繰り返してクセになるは本当ですか? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > 過去にギックリ腰をしたことがあります。ぎっくり腰は繰り返してクセになるは本当ですか?

過去にギックリ腰をしたことがあります。ぎっくり腰は繰り返してクセになるは本当ですか?

2018.11.29 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

過去にギックリ腰になったことのある方はこのように心配されている方もいらっしゃるかもしれません。札幌・札幌市中央区でギックリ腰になったらそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。

まず、ギックリ腰という言葉は急に腰を痛めた「急性腰痛症」のことを表します。当院のブログでは何度もご説明しておりますが、「どこを痛めたのか?」「どの程度の痛みなのか?」という問題ではありません。それは別の話です。なので繰り返しやすいギックリ腰かどうかはどこを痛めているギックリ腰だったかによると思います。

例えば骨と骨の間にあるクッション材である椎間板由来のギックリ腰ですが、何か物を持った時にグキット痛くなることが多いです。確かに痛めた動作は物を持った時ですが、椎間板というクッション材は日々日々腰の曲げ伸ばし作業で骨と骨に挟まれて擦れて擦り切れていっています。また椎間板には毛細血管がありませんので擦り切れたりすると元に戻ったりすることはありません。擦り切れたりすり減ったりすると当然ですが、負荷がかかった時に痛みやすくなります。そして痛みがでた時にギックリ腰となります。ですので椎間板由来のギックリ腰は椎間板が擦り切れたり摩耗したりすることによって起こりやすくなっていますので繰り返し発生しやすいです。皆さんが言うクセになる可能性がたかいです。その時は腰を曲げ伸ばしせずに(腰椎の屈曲伸展といった動作)股関節から骨盤の前傾後傾といった動作で大殿筋や大腿四頭筋・ハムストリングスを使用して体を曲げるのが予防につながります。

ギックリ腰に繰り返しなりたくない方は体の使い方を覚えることが大事になります!(^^)!使い方に関しては体のプロの私たちにお尋ねください。