TELTEL

坐骨神経痛を引き起こす原因はなにがあるのか? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 坐骨神経痛(手足の痺れ) > 坐骨神経痛を引き起こす原因はなにがあるのか?

坐骨神経痛を引き起こす原因はなにがあるのか?

2018.12.04 | Category: 坐骨神経痛(手足の痺れ)

皆様から坐骨神経痛についての質問を良く受けます。まず、坐骨神経痛について説明します。坐骨神経痛とは症状の名前になります。簡単に言うと坐骨神経に沿った痛みやしびれのことを坐骨神経痛といいます。坐骨神経は腰椎4番神経、5番神経、仙骨1番神経、2番神経、3番神経の各神経で構成されています。この各神経の支配領域に痛みなどがあると坐骨神経痛ということになります。

坐骨神経痛を引き起こす原因は「腰部椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」などがあります。前述の疾患にて各神経を圧迫すると神経痛が出現します。

皆様からよく受ける質問で「坐骨神経痛は治りますか?」などがありますが、答えは何が原因かによります。腰部椎間板ヘルニアであれば飛び出た椎間板の髄核を体内のマクロファージが食べてくれるので大体3カ月程度でよくなります。脊柱管狭窄症は脊柱管の中の黄色靱帯の肥厚・骨化や骨棘が内側に飛び出したなど手術以外では治らないことがほとんどです。梨状筋症候群であれば梨状筋の緊張を緩和したり梨状筋にストレスを与えている骨盤の歪みや股関節の過剰な内旋を治してあげるとよくなります。何事も原因が大切になります。

札幌・札幌市中央区で坐骨神経痛についてお悩みの方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。当院で対応するか専門の医療機関をご紹介いたします。