TELTEL

腰椎分離症について | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > 腰椎分離症について

腰椎分離症について

2018.12.04 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

札幌・札幌中央区・桑園で腰痛・ぎっくり腰でお悩みの方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。

今回は皆様から質問を受ける「腰椎分離症」についてお答えいたします。そもそも腰椎分離症とは名前からはわかりにくいですね。腰の疲労骨折になります。

腰椎5番目の後ろ外側部分がスポーツのし過ぎにより骨折します。疲労骨折ですので一度の大きな外力で骨折するのではなく軽い外力が何回も何回も繰り替えされて骨折するのが特徴です。

中学生から高校生で特に高校1年の時になりやすいと言われています。痛い時に整形外科に行っても疲労骨折の初期はレントゲンでは異常なしと判断されるので見逃されやすいです。MRIを撮るとわかります。

1週間に6日以上部活をしていて腰が痛く、かつ反った時に腰に痛みを感じると腰椎分離症を考えなければいけません。その場合は脊椎専門の整形外科を行くようにしましょう。

当時は腰椎分離症と気づかずに成人してなにかの時に腰にレントゲンを撮って「お!分離症があるね!」と発見される場合が多いです。成人してから見つかった分離症は治ったりすることはなく放置しますので腰痛にはなりやすいかもしれません。腰の骨で前屈みや反ったりせずに骨盤(股関節)からしっかりと動けるように訓練していきたいです。