TELTEL

交通事故でむち打ちに遭われた場合の鍼施術 | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故の施術 > 交通事故でむち打ちに遭われた場合の鍼施術

交通事故でむち打ちに遭われた場合の鍼施術

2018.12.04 | Category: 交通事故の施術

札幌・札幌市中央区で交通事故に遭いむち打ちになった際はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。むち打ちに効果のある鍼灸を使用して早期の症状改善を目指します。

むち打ちは、正式には外傷性頸部症候群、頸椎捻挫と言いますが、一般には、むち打ち症(鞭打ち症、むちうち症)、または、むち打ち損傷と呼ばれています。体の上にやや不安定な状態で乗っている頭が、強い衝撃により、むちを振り回すようなS字形の動きを強いられることで、様々な症状が出現する疾患です。
*首の筋肉や靭帯、関節などを痛めたことで、首や肩、背中に痛みが走り、持続する症状を指します。

むち打ちの場合は、時間経過とともに症状が出てくることが多いです。
さらにむち打ちになると、寝違えたように首の運動制限・首を動かすと痛みがある、筋肉の緊張、頭痛、頭の重だるさ、上腕部の痛み、肩こり、耳鳴り、めまい、眼精疲労、、などが出てきます。

むち打ちに対する基本的な鍼灸施術は、頚腕症候群の施術に準じて行っていきます。
天柱穴・・後頭部の凹みの部分の少し外側にあるツボです。
風池穴・・首の横の筋肉(胸鎖乳突筋)の後ろの凹みの部分にあるツボです。
この2穴に鍼施術をすることでむち打ちによる首の筋肉の緊張、肩こり、頭痛、頭の重だるさに効果的です。
あとは、肩井穴(首の骨の七番目と肩峰と呼ばれる肩甲骨にある骨を結んだ線上の間に位置するツボ)もむち打ちによる痛みに効果があります。

ツボに刺すだけではなく凝っている筋肉に直接刺すことで手では届かない筋肉に直接刺していくので首の痛みがある場合には鍼施術をすると効果的です。

むち打ちによる首の痛みでお困りの方は当院にお任せください。