TELTEL

腰痛とストレッチ | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > 腰痛とストレッチ

腰痛とストレッチ

2018.12.07 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

ぎっくり腰とストレッチについてはこの別ブログで書いたことがあります。腰痛の対処としてのストレッチはどうなのでしょうか?札幌・札幌・中央区で腰痛でお悩みの方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。
腰痛の予防や改善案としてストレッチを病院や整骨院などで勧められた方は多いと思います。結論から申し上げるとやってもよいがストレッチをしたからといって腰痛が無くなることはありません。体の使い方の方が数倍大切です!(^^)!
ストレッチが無意味だと言っているわけではありません。ストレッチの効果はあると思います。
まず、硬くなった筋肉が柔らかくなりリラックスすることにより体の血液循環がよくなります。
血流改善により痛みや不快感を与えている物質が流されてろ過されるので不快感などが解消されます。
こういった良いこともありますのでやり方を間違えない限りは大いにストレッチをして頂ければと思います。
基本的には静的なストレッチをされる方が多いと思います。
その場合は筋肉が伸ばされた状態《伸びている個所が痛き持ちいい程度》で30~40秒間静止するのが一般的です。これは筋肉の伸張反射という現象でストレッチ時間が短いと逆に筋肉が硬くなりことがあります。長すぎてもいけません。長すぎるとオーバーストレッチになり筋肉が痛んでしまいます。
テレビや雑誌などでは色々な先生が10秒程度がいいとか、1分以上ストレッチしないといけないなど様々な意見が話されています。
ストレッチの歴史が浅いのでまだやり方など不確定なこともありますが、現在一番多い意見が30~40秒ですのでこの時間に合わせたやり方がよいと思います。
腰痛でストレッチんぶの仕方や腰の使い方が知りたい方は当院までご連絡お願いします。