TELTEL

肩こりでこっている筋肉をストレッチするのはあってるの? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩の施術 > 肩こりでこっている筋肉をストレッチするのはあってるの?

肩こりでこっている筋肉をストレッチするのはあってるの?

2018.12.13 | Category: 肩の施術

札幌市・札幌市中央区で肩こりの整骨院・整体院をお探しの方はそうえん北七条通り整骨院にお問い合わせください。

雑誌やテレビで肩こりの方にストレッチを教えているのをよく見かけます。

そこでストレッチしている筋肉は首~肩にかけてまさしくこっている筋肉をストレッチしています。

それって本当に意味があるのでしょうか?肩こりのメカニズムから順に説明していきます。そうするとそれが無意味でありよけいにひどくなるかもしれないことに気づくでしょう。

まず、肩がこるのは肩甲骨が外側や下側に移動しているのでそれ以上そっちに行かないように首の方向に引っ張っている筋肉が疲れ果ててこっているので。

そしてその筋肉は肩甲骨が外側かつ下側に移動しているのでずっと伸ばされていることになります。つまりずっとストレッチされているということなのです。

そんなずっとストレッチされている筋肉をこれ以上伸ばしてどうなるのでしょうか?

意味はありませんよねm(__)m

肩甲骨が外側かつ下側に移動しているのは体の前側(胸の筋肉や肩甲骨外側の筋肉)が縮んでいるのでそちらに引っ張っています。

つまり肩甲骨を外側かつ下側に縮こまって引っ張ている筋肉をストレッチで伸ばしてあげて肩甲骨を反対側から引っ張て凝り固まっている筋肉の負担を減らしてあげる!

これが非常に大事な考え方になります。

 

もう一度おさらいすると、肩こりになっている筋肉をストレッチするのではなく、体の前側の筋肉をストレッチで伸ばす!

これが基本になります。

ストレッチポールなどが簡単で便利かもしれません!(^^)!