TELTEL

肩こりの方がストレッチしたい筋肉 小胸筋 | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩の施術 > 肩こりの方がストレッチしたい筋肉 小胸筋

肩こりの方がストレッチしたい筋肉 小胸筋

2018.12.14 | Category: 肩の施術

肩こりでお悩みの方は肩こり施術の経験が豊富な札幌市・札幌市中央区のそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。

何か症状がある時に通院したい整骨院や整体院・治療院など家の近くなどの通いやすさで選ばない方がよいと思います。やはりその分野に詳しく経験と知識が豊富な整骨院などにいくのが得策です。

 

肩こりの時に凝っている筋肉を伸ばすのではなく肩甲骨を外側(体の前の方という感じ)に引っ張ている筋肉を柔らかくしてあげて肩甲骨を吊っている肩こり筋肉の負担を減らしてあげる必要があります。

本日はそんな肩甲骨を外側に引っ張ている外転筋の一つ小胸筋です。

大胸筋の下にあるので目立たずに地味ですが直接肩甲骨を外側に引っ張ている筋肉ですのでここが硬いと肩こりの超原因となります。

ストレッチの仕方は簡単です。

まず壁に向かって立ちます。

両手を(片手でもかまいません)手のひらが壁に向くように上げます。

上げた手のひらを壁につけてそこから体を前に倒していきます。

体が前傾していくイメージです。壁や床に近づいていく感じです。

胸の大胸筋の奥側が伸びている感じがすればその状態で30秒~40秒程静止します。

最近のストレッチは動かさず静止します。長すぎても短すぎてもダメですので注意が必要です。

他にもストレッチポールやバランスボールなど色々なやり方はあります。どんな方法でも大丈夫ですが一つ注意が必要です。

それはテニスボールを使ってストレッチしたい筋肉を圧迫するやり方です。

これは非常に技術が必要で下手をすると筋肉が挫滅しますのでおススメできません。

ご自宅でストレッチされる場合は無理のない優しい刺激でお願いいたします。

ケガをしたら何のためにしているのかわからなくなってしまいます。