TELTEL

足を組んだらダメなのか?正しい座り方はなんでしょう? | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 骨盤矯正 > 足を組んだらダメなのか?正しい座り方はなんでしょう?

足を組んだらダメなのか?正しい座り方はなんでしょう?

2018.12.14 | Category: 骨盤矯正

札幌市・札幌市中央区で骨盤矯正なら歪みの原因を取り除く筋膜リリースの施術を使っているそうえん北七条通り整骨院にお任せください。

整骨院や整体院・治療院には専門(得意)分野があります。なんでもできますと言っている整骨院などはどーなんでしょうか?

当整骨院はぎっくり腰などの腰痛、骨盤の歪みに関するプロです。

 

皆さんはテレビや雑誌で「足を組んで座ってはいけない」「膝は90度曲げて骨盤は立てて(前傾させて)肩甲骨を内側に寄せて、あごを引いて座りましょう」と言っていたり書いてあったりしたのを見たことがあると思います。

答えから申し上げますと

座ってる時に足を組んでも問題ありません!ということです。

 

座っているのに良い姿勢が存在しないのです。

ですのでどんな姿勢もあまり良くはないのです。

だから、、、気にしてはいけません。

確かに「膝は90度曲げて骨盤は立てて(前傾させて)肩甲骨を内側に寄せて、あごを引いて座りましょう」これは体の負担は少ないかと思います。

が、この状態を維持するのに凄まじい筋肉活動を必要とします。止まっている状態を維持するのが人間はなかなか難しいのです。

おそらく「膝は90度曲げて骨盤は立てて(前傾させて)肩甲骨を内側に寄せて、あごを引いて座りましょう」状態を20分も続けたら肩は凝り・腰は痛くなってくるはずです。

人間は止まっていることが無理なのです。

 

理想的な座っている姿勢はしょっちゅう姿勢を変えること!これに尽きると思います。

右足で組んだり、左で組んだり、組まなかったり、時々骨盤を後傾させて丸腰のようにしてみたり反対の事をしtみたりと、これが一番現実的に体を負担にかけない、また歪みを起こしにくい座り方だと思います。

文章ではうまく伝わっていないかもしれません。可能であればお問い合わせください。お話しいたします。

骨盤の歪みは圧迫の長さとも関係しますので、同じ個所だけを圧迫するといけません。

この様な意味でも同じ姿勢で座っていることはよろしくありません。