TELTEL

交通事故で整形外科にいったけど診断書をもらわなかった?どうなる! | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故の施術 > 交通事故で整形外科にいったけど診断書をもらわなかった?どうなる!

交通事故で整形外科にいったけど診断書をもらわなかった?どうなる!

2018.12.14 | Category: 交通事故の施術

札幌市・札幌市中央区で交通事故によるむち打ちなどの施術、後遺障害や慰謝料のご相談は交通事故施術の経験が豊富なそうえん北七通り整骨院にご相談ください。

交通事故で整骨院に通院される場合、家の近くの整骨院を選んでしまう場合があります。これは後で後悔することがあります。

交通事故は交通事故が詳しい整骨院に行かないといけません。書類の書き方、保険会社への説明の仕方、病院の通院の仕方など適当にされてしまうと2か月後などに痛みが残っているのに保険会社から打ち切られて対応ができなかったり、後遺症が残って症状固定なのに後遺障害が請求できなかったりします。

そうならないために札幌で交通事故に遭った際はそうえん北七条通り整骨院までお問い合わせください。

最近は交通事故で整形外科を行かれたとしても診断書をもらわない方もよくいらっしゃいます。

結論から申し上げると診断書は必要です。人身事故にするときには絶対に必要なのですが、物損事故でも同じ補償を受けれるからと保険会社や警察に言われてそうなのか!と納得し物損だから診断書いりません!となる方がいらっしゃいます。

そもそも交通事故でケガをして整形外科や整骨院に通った時点で人身事故なわけですから診断書をもらい警察に人身事故届を出さないといけません。

診断書をもらった時には痛めている個所(負傷部位)をしっかり確認しましょう。

首と腰が痛いと整形の先生に行ったのに頸椎捻挫しか記入されていなかったら自賠責保険を使用して腰の施術はできません。また半年後に腰の症状が消えなくても後遺障害の請求すらできません。

元々痛めてないことになってますから当然です。診断書はそれほど大事です。

また負傷後10日以内に整形を行ったが診断書でないと交通事故の施術は受けれないことがあります。

負傷後11日目で整形外科を行かれた場合はその痛みや症状が交通事故のものなのかが誰にも判断ができなくなってしまいます。

交通事故で痛みが出た場合はすぐに整形外科に行き診断書をもらいましょう。

整形外科に行く前にそうえん北七条通り整骨院の井本までご相談ください。適切なアドバイスをいたします。