TELTEL

猫背矯正とストレッチポール、筋膜リリースの関係と施術方法 | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 姿勢矯正・猫背矯正 > 猫背矯正とストレッチポール、筋膜リリースの関係と施術方法

猫背矯正とストレッチポール、筋膜リリースの関係と施術方法

2018.12.20 | Category: 姿勢矯正・猫背矯正

札幌・札幌市中央区で猫背などの姿勢矯正、肩こり矯正をお探しの方は猫背矯正の施術経験が豊富で解剖生理学的に猫背矯正の理論が説明できるそうえん北七条通り整骨院にお問い合わせください。

猫背とは胸の骨が丸まり両肩が体の前面にきているような姿勢が一般的なイメージです。

ポイントは肩甲骨が外側(前側に)に移動することにより背骨が丸くなるということです。

ですので猫背改善には肩甲骨を内側(背骨側)に寄せてあげることが大事になります。

ここで、肩甲骨を外側(体の前側に)に引っ張ているのは何か?ということになります。

肩甲骨が外側に行っているので菱形筋などを使って肩甲骨を内側に寄せておきましょう!といっても無理があります。

ずっとダンベルを持って生活しましょうと言っているようなものです。現実的ではありません。

肩甲骨を外側に引っ張ているのは《体の前側に筋肉》になります。大胸筋・小胸筋・前鋸筋・烏口腕筋などなど。

ですので《体の後ろ側の筋肉である菱形筋を鍛えましょう》という問題ではなくて

☆体の前側の筋肉が肩甲骨を引っ張ているのを必要最小限にしましょう!

ということです。

ここでストレッチポールは有効です。しかしストレッチポールだけでは猫背矯正はできません。

ストレッチポールはストレッチするためにあるからです。詳しくは別記事で書いております。

ストレッチポールに仰向けに寝転がり肘が床に着くようにして両手を動かすと体の前面の筋群を緩めることが可能です。

これで肩甲骨を外側(前側に)引っ張ている筋群の短縮を緩和することができるので問題解決に近づきます!(^^)!

皆様も肩が凝った時などは凝っている体の後面の筋肉をストレッチするよりも体の前面のストレッチをしてあげましょう。

 

体の前側の筋肉が硬くなり肩甲骨を外側にひっぺている原因は(根本的な原因でこちらの方が大切です)筋肉と皮下脂肪の間の結合組織が癒着して筋肉の滑走性がなくなって常に肩甲骨を引っ張ていることです。

この筋肉と皮下組織の癒着があると筋肉のストレッチをしても滑走性がありませんので効果が最大限にでてこないです。

当整骨院の筋膜リリースによる施術で筋肉と皮下組織の癒着をとり、筋肉の滑走性を確保してからストレッチポールを行うと効果が何倍にも膨れ上がり効果的です。

最近ではストレッチポールを使用して猫背矯正3000円など行っている整骨院・整体院を見かけます。

お金と時間を有効に使うためにも猫背矯正に詳しい当院までご相談いただければと思います。

本気で猫背矯正をしてみたい方はぜひそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。