TELTEL

ぎっくり腰(ギックリ腰)とキネシオテープ | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > ぎっくり腰(ギックリ腰)とキネシオテープ

ぎっくり腰(ギックリ腰)とキネシオテープ

2019.01.17 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

札幌・札幌市中央区桑園でぎっくり腰になった際はぎっくり腰の施術に特化しているそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。

当整骨院でのぎっくり腰の施術は

電気(干渉波・高周波)

手による施術(マッサージ・筋膜リリース)

超音波・ハイボルト(ハイボルテージ)

鍼(はり)

キネシオテープ

を使用します。

今回はキネシオテープの役割をご説明します。

キネシオテープの効果や役割は

筋肉の痛みを和らげる

筋肉・関節の動きをよくする

この2点が主になります。

ではなぜ筋肉の痛みが和らぐのか?ですが

キネシオテープは伸縮性のテープとなっており伸び縮みします。

しかもかなり伸びます。

筋肉に張る場合は筋肉が伸びた状態(ストレッチされた状態)でキネシオテープを伸ばしていない普通の長さで貼ります。

すると筋肉を元の状態に戻すとテープにしわができています。

皮膚を持ち上げた状態になっています。

このテープに「シワ」が出来ていることが非常に大事になります。

シワは皮を持ち上げてできているので、筋肉と皮の間にほんの少しですがスペース(隙間)が出来ていることになります。

すると血液やリンパの流れがよくなり痛み物質を流してくれます。

また、筋肉から皮膚を剥がしてあげてますので筋肉の動きを邪魔しているものが無くなっていますので筋肉が非常に使いやすくなります。

当整骨院では施術後に減った痛みのない状態を維持するためや痛みを減らすこと自体を目的にキネシオテープを使用しています。

かゆみなどが無ければ通常の日常生活では3日程度貼りっぱなしでも問題ありません。

かゆみがあると直ぐにテープを外す必要があります。

 

ぎっくり腰になった際は当整骨院までお問い合わせください。

 

平日の受付時間は

9時~13時、15時~20時

交通事故の方は21時まで

土日祝日の受付時間は

9時~15時まで

お昼休みなしで営業

となっております。

 

駐車場は整骨院裏2台と第2駐車場に3台で合計5台ご用意しております。

いつでもご利用ください。