TELTEL

腰の痛くならない使い方/ぎっくり腰予防に | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛・ぎっくり腰施術 > 腰の痛くならない使い方/ぎっくり腰予防に

腰の痛くならない使い方/ぎっくり腰予防に

2019.01.21 | Category: 腰痛・ぎっくり腰施術

札幌市中央区桑園でぎっくり腰などの腰痛でお悩みの方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。

腰痛やぎっくり腰を繰り返す方に病院やジムなどで

 

筋力が不足しているから鍛えましょう!

腹筋が足りないから腰の骨に負担がかかって腰痛の原因になる!

太ももの筋肉が硬いから腰痛になるのでストレッチしましょう!

言われて一生懸命鍛えたりストレッチしている方もいらっしゃるかと思います。

皆様はそれで腰痛から解放されたのでしょうか?

上記の筋肉トレーニングやストレッチは行っても大丈夫です。(もちろん間違ったやり方ややり過ぎはよくありません。逆に腰を痛めます)

しかし、腹筋を付けたりモモウラをストレッチして腰痛が無くなったり、ぎっくり腰を繰り返さなくなったりするほど甘くはないです。

 

大事なことは

腰はそんなに動かない!という事を理解することが必要です。

腰の骨は5個あります(中には腰椎が6個ある方もいらっしゃいます)

その下の仙骨(尾骨や尾てい骨と呼んでいる方も多いです)

合わせて6個の骨がありますが。。。

 

6個の骨を合わせても5度程度しか回旋できません。

つまり腰の骨ではほとんど捻じる動作はできないのです。

胸の骨が12個ありますので上半身全体でうまく捻じって約20度回旋。

基本的には股関節、つまり骨盤ごと捻じることが多いです。

それなのに皆様腰で捻じろうとしていません?

腰の捻じれる角度を増やすためによくわからないストレッチや練習をしていませんか?

 

次に腰の上と下の骨には椎間関節という関節があります。

この関節がチョット腰を反るとすぐにぶつかってしまうのです。

つまり、腰はそんなに反れない関節なのです。

解剖学的にそういう風になっているのです。

腰を反って何か作業やスポーツをすれば腰が痛くなるのは当たり前なのです。

ここでも胸の骨をしっかり反りに参加させて、また股関節(骨盤全体)で反ることが重要です。

全く反らないとかそんな事は言っていませんのでご理解ください。

 

このような動きは腰痛やぎっくり腰の原因になります。

この動きを日常生活の中に入れたままですと、どんなに腹筋などの筋肉を鍛えても太ももの柔軟性を高めても腰痛は改善しません。当たり前ですね。痛くなる動作をそのまま行っているのですから。

 

ですので腰痛やぎっくり腰予防には体の使い方を覚える必要があります。

体は全体で動作しますので胸・股関節などがしっかり使えるように体で覚えていくことが非常に大事です。

 

腰痛予防やぎっくり腰に関してお困りのことがありましたらそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。

平日は

9時~13時、15時~20時

交通事故の方は21時まで夜間も受付中

土曜日・日曜日・祝日は

9時~15時

お昼休みなしで営業中

の受付時間となっております。

 

駐車場は合計5台ご用意しております。ご利用ください。