TELTEL

手の痺れ(しびれ)について | 土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院 そうえん北七条通り整骨院

土日祝日も受付している札幌市中央区桑園駅近くの整骨院

011-616-3789

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 坐骨神経痛(手足の痺れ)の記事一覧

手の痺れ(しびれ)について

2019.02.10 | Category: 坐骨神経痛(手足の痺れ)

坐骨神経痛と同じような症状で手にも痺れや痛みのような症状がでることがあります。

その様な症状がでましたらそうえん北七条通り整骨院までお問い合わせください。

何による手の痺れや痛みなのか原因を突き止めて施術させていただきます。

 

手の痺れにもいろいろな種類があります。

有名なところでは

頸椎ヘルニア(首のヘルニア)

胸郭出口症候群

自律神経による不調

糖尿病など内科的原因のもの

尺骨神経原因の物

手根管症候群

ギヨン管症候群

などがあります。

首のヘルニアですと首を後ろに反らして上を向いたようなときに、指の親指・人差し指・薬指などの痛み痺れなどがでることが多いです。

胸郭出口症候群ですと、デスクワークなど腕の重みを肩で支えている状態で腕~指先周囲に痛み痺れがでることが多くなで肩の女性に多いと言われています。

自律神経的な症状ですと疲れがたまった時、気圧が低くて交感神経と副交感神経のバランスが悪い時などの手足指先に症状がでることが多いです。

糖尿病などは様々な症状がでますので一概には難しいですが何もしていないのにずっと手がしびれるのは注意が必要です。

手根管症候群は親指・人差し指・中指・薬指の半分が手首を曲げていると痛くなったりします。

ギヨン管症候群は小指側が痺れたりします。

 

この様に手が痛くなったり痺れたりしても原因は様々です。

どこが原因かによって対応も全然違ってきますので原因を突き止めて各専門医に行く必要があります。

この様な症状がでましたらご自身で判断せずにまずは当院までご相談ください。

当整骨院で各症状の専門病院をご紹介します。

もちろん当院で対応できる症状であれば当院で施術を行います。

札幌市中央区桑園で手の痺れ関係でお困りの方はそうえん北七条通り整骨院にお任せください。

病院で坐骨神経痛と言われてシップしかもらえなかった。

2019.02.08 | Category: 坐骨神経痛(手足の痺れ)

坐骨神経痛のお悩みは当整骨院・整体院にお任せください。

今回 49歳 女性 主婦の方がいらっしゃいました。

主訴は2カ月ほど前から右のお尻と右の太もも裏側がしびれたようにいたくて全然痛みが引かない。2週間前に病院に行ったけどレントゲンだけ撮って坐骨神経痛だねといわれシップをもらって「1カ月ぐらいしてまだ治ってなかったら来てください」と言われたが満足できないという方がいらっしゃいました。

当整体院で症状をお聞きし動きを確認したところ腰のヘルニアがありそうでした。

整形外科ではヘルニアではなく坐骨神経痛といわれたとおっしゃていましたが。。。

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経に沿った痛みやしびれのことを言います。坐骨神経痛を引き起こす原因が存在します。それが

腰部椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

梨状筋症候群

自律神経型の不調や血流障害などです。

坐骨神経痛は症状の名前に他なりません。

 

その方に詳しくさらにお話をお聞きすると家の近くの整形外科に行ってましたんで脊椎専門ではありませんでした。

当院で専門病院を紹介しMRIで5番と仙骨1番の間にヘルニアがありました。しかしすぐの手術の必要はなく整骨院で2~3ヵ月リハビリしてとの判断でした。

今後は当院でヘルニアに対する施術を行っていきます。

 

その方には

『こちらに来てしっかり説明してくれて、専門の病院まで紹介いただき、さらにその後の施術まで責任をもってしてくれるとのことで大変感謝しております。

何が原因でこんなことになったのかも分からず途方に暮れていましたが全て教えていただき、治るまでの期間や状態の変化過程まで最初の段階で教えていただきました。

安心して生活できます。』

とのコメントをいただきました。

喜んでいただいたなによりです。

 

皆様も坐骨神経痛の時な何が原因かが大切になります。分からないことは当院までお問い合わせください。

坐骨神経痛を引き起こす原因はなにがあるのか?

2018.12.04 | Category: 坐骨神経痛(手足の痺れ)

皆様から坐骨神経痛についての質問を良く受けます。まず、坐骨神経痛について説明します。坐骨神経痛とは症状の名前になります。簡単に言うと坐骨神経に沿った痛みやしびれのことを坐骨神経痛といいます。坐骨神経は腰椎4番神経、5番神経、仙骨1番神経、2番神経、3番神経の各神経で構成されています。この各神経の支配領域に痛みなどがあると坐骨神経痛ということになります。

坐骨神経痛を引き起こす原因は「腰部椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」などがあります。前述の疾患にて各神経を圧迫すると神経痛が出現します。

皆様からよく受ける質問で「坐骨神経痛は治りますか?」などがありますが、答えは何が原因かによります。腰部椎間板ヘルニアであれば飛び出た椎間板の髄核を体内のマクロファージが食べてくれるので大体3カ月程度でよくなります。脊柱管狭窄症は脊柱管の中の黄色靱帯の肥厚・骨化や骨棘が内側に飛び出したなど手術以外では治らないことがほとんどです。梨状筋症候群であれば梨状筋の緊張を緩和したり梨状筋にストレスを与えている骨盤の歪みや股関節の過剰な内旋を治してあげるとよくなります。何事も原因が大切になります。

札幌・札幌市中央区で坐骨神経痛についてお悩みの方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。当院で対応するか専門の医療機関をご紹介いたします。